TEL:03-3945-0771

公認心理師試験のワンポイント情報 第1回

公認心理師受験対策WEB講座を受講中の皆様に、公認心理師試験のワンポイント情報をお送りいたします。
今回は第一回目です。

9月の試験まで、残すところ3か月ほどになりました。
6月1日(日)にWEB講座のテキストデータのすべてを掲載しましたので、講座のページをご覧ください。

これからも、スポットで試験に役立つ動画やPDFを追加していきます。

さて、6月3日(日)に横浜労災病院の山本晴義先生に講演をお願いしますので、今日は「過労死」や「自殺」について考えてみたいと思います。過労死も自殺も国家的な重要課題のためか、自殺関連問題は精神保健福祉士の国家試験では毎年頻出です。

下記URLのページをご覧くださるととお分かりのように、精神保健福祉士の国家試験の第17回(平成26年)と第19回(平成28年度)に同じような内容で出題されています。
https://www.iryo.co.jp/?page_id=32116

ひっかけがあるものの、問題文のなかにある「自殺対策白書」を読んでいれば正解を選択できる問題です。
例えば、白書の中に以下のような記述があります。

○原因・動機別の自殺者数の推移原因・動機別の自殺の状況
平成18年までの原因・動機別の自殺の状況について、自殺統計によれば昭和60年前後に自殺者が急増した際には、「健康問題」及び「経済・生活問題」が増加している。
また、平成10年に自殺者が急増した際には、「家庭問題」や「勤務問題」が若干増加したものの、「健康問題」「経済・生活問題」が大きく増加している。

この文章だけではなく、白書の説明文を読んでおくことは役に立つ気がします。
(白書の掲載は平成28年度版から内閣府から厚生労働省のホームページに移動)
この問題の正解は、山本先生の解説を参考に次回のメールに掲載します。

ところで「ストレスチェック制度」も、産業・労働分野の重要なキーワードだろうと思います。「ストレスチェック制度」について知りたい方には、「職場のストレスチェック制度」という小冊子がお勧めです(本体価格800円・石見忠士著・労働調査会)。

増補版 日本で一番やさしい職場のストレスチェック制度の参考書

————————-

公認心理師試験のワンポイント情報は、WEB講座の受講者様向け情報を数週間遅れで一部修正のうえ無料公開しております。

WEB講座の詳細はここをクリックして確認できます

————————-

コメントを残す