TEL:03-3945-0771
受付時間 9:30~17:30
(土・日・祝日除く)
ジョセフ・オコナー(Joseph O’Connor)

ジョセフ・オコナー(Joseph O’Connor)

・ICNLP(International Community of NLP)会長
・ICC(International Coaching Community)会長
■略歴
世界で最も著名であり、また尊敬されているコーチング/NLPトレーナーの一人。
ジョン・グリンダー、ロバート・ディルツおよびシャーロット・ブレットの元で1988年にプラクティショナー/1990年にマスター・プラクティショナーを取得。
その他リチャード・バンドラー、タッド・ジェームス、アンソニー・ロビンスなどに師事。
教育、音楽および公演芸術にNLPを応用することに興味を持ち、音楽家や音楽教師のためのトレーニングと同時に、ジョン・セイモア協会のNLPトレーナーとして活動を始める。
その後、全米、香港、シンガポール、ニュージーランドおよび多くのヨーロッパの国々でNLPトレーニングを開催。
また、トレーナーやコンサルタントとして、シティバンク、ブリティッシュ・エアウェイズ、ヒューレット・パッカード・インヴェント、国連工業開発機関(UNIDO)のウィーン本部など多くの企業・団体に関わる。
著書は17冊――そこには世界で最も売れたNLP学習書籍、システム思考とコーチングに関する書籍が含まれる――で25の言語に翻訳されている(彼は米国以外で出版されたNLPに関する書籍の最初の著者です)。
その中でも“Introducing NLP”(邦題『NLPのすすめ』)は、NLPを学ぶための基礎的な参考図書として10年以上にわたり使用され、発行部数は50万部以上。
他にも日本では“NLP Workbook”(邦題『NLP実践マニュアル』)、“CoachingWith NLP”(邦題『NLPでコーチング』)が翻訳され出版されている(いずれもチーム医療刊)。
ICNLP(International Community of NLP)、およびICC(International Coaching Community)設立者/会長。
王立音楽院認定有資格者。人類学理学士。