TEL:03-3945-0771
受付時間 9:30~17:30
(水・土・日・祝日除く)

不安と防衛機制~図式化して学ぶ14の防衛~

¥22,000 (税込)

講師:杉田 峰康(福岡県立大学名誉教授)
内容:DVD1枚
時間:約115分
定価:20,000円(本体)+税
収録年:2013年6月
DVD発行:2013年10月
ISBN:978-4-88509-135-3

【書籍・DVDご購入希望の方へ】
書籍・DVDの一部を、Amazonを通してのご注文に切り替えさせていただきました。「申し込む」ボタンをクリックするとAmazonホームページに移動します。

商品コード: DVD48 商品カテゴリー: , 商品タグ: , , , ,

説明

成長と適応の過程で身に着けていく「防衛機制」 ~杉田先生のメッセージ~

今日、心理学では不安は内外の危険に対して自我が発する信号であり、不安を防衛するために抑圧し、その結果、恐怖症など様々な不安障害の症状が生じてくると理解されております。全ての不安は、人間が危険をさけるための手段として自我が利用するものです。その際に危険の本質は何か、さらに、そうした危険を感じさせる条件は何であるか、を明らかにされねばなりません。

(中略)次に今回のメインテーマである「防衛機制」にすすみます。防衛機制とは心の中に生じる信号としての不安を緩和ないし回避しようとして無意識的に働く心理機制を指します。その主体は自我にあって、人は成長と適応の過程でおのずとさまざまな防衛機制を身に着けていくのです。

この心の働きは、その殆んどが意図的なものではなく無意識の中で行われるのが特徴です。心理療法では、防衛機制はややもすると病的なものとして見られがちですが、誰もが多かれ少なかれ用いているものであり、状況に応じて適度に柔軟に働かせることができる人は適応的な自我の持ち主であるともいえましょう。

(中略)防衛機制については精神分析あるいは心理療法関係の多くの書物が論じていますが、交流分析にはP・A・Cの記号を用いて、それらの内容を図式化することができる、という特長があります。今回は14の防衛機制を交流分析的に図示して説明し、さらにそれぞれについて具体的な例を考えてまいります。

この製品は、2013年6月に開催した(社)メンタルヘルス協会第二回研修会「防衛機制と自我状態」を収録・編集しDVD化したものです。

1.イントロダクション
あなたはどんなことで不安になりますか?

2.臨床心理学から見た不安

3.不安と人間関係

4.不安のタイプ

5.心理的ショックと不安

6.不安と「主観的」なストレス

7.不安・悩み・症状形成

8.自我状態と防衛機制
(1)抑圧
(2)反動形成
(3)投射
(4)否定
(5)取り入れ、同一化
(6)合理化
(7)置き換え
(8)取り消し
(9)分離(感情分離)
(10)知性化
(11)退行
(12)補償
(13)感情の内向
(14)昇華