TEL:03-3945-0771
受付時間 9:30~17:30
(水・土・日・祝日除く)

産業分野の出題例(精神保健福祉士試験第19回・17回の過去問より引用)

問題1「平成27年版自殺対策白書」(内閣府)に基づく自殺に関する次の記述のうち,
正しいものを1つ選びなさい。

1 自殺死亡率は米国,英国と比べ低い。
2 自殺者数は40 歳代から60 歳代の男性で全体の4 割近くを占める。
3 自殺は20 歳から39 歳までの死因の第2 位である。
4 自殺者数でみると自殺の原因・動機としては経済・生活問題が最も多い。
5 自殺者数は1998 年(平成10 年)から2014 年(平成26 年)まで年間3 万人を超えている。

 

問題2 「平成26年版自殺対策白書」(内閣府)に基づく自殺に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

1 自殺死亡率は、男性より女性が高い。
2 自殺死亡率は、アメリカより低い。
3 自殺者の半数が失業者である。
4 自殺者の原因・動機特定者のうち、およそ3分の2が原因・動機として健康問題を挙げている。
5 過去に自殺未遂歴がある自殺者の割合は、女性より男性が高い。