医学・医療 領域 セミナー 講習会ならチーム医療

チーム医療とは? RSS
疾患ではなく、人をみる医療のために。株式会社チーム医療
web登録がお済みの方 パスワードをお忘れの方
    
新規登録はこちら

あなたが演じるゲームと脚本 交流分析関連商品

あなたが演じるゲームと脚本

~交流分析で探る心のうら・おもて~

著者

杉田 峰康(福岡県立大学名誉教授)

判型 A5判
頁数 170頁
定価 1,600円(本体)+税
発行 2004年9月30日
ISBN 978-4-88509-073-8

この書籍は、『なぜ同じ失敗を繰り返してしまうのか?』をテーマに、「ゲーム」と「脚本」を、一つずつ事例を示しながら解説していく内容となっています。事例によっては、ダイアナ元皇太子妃、クリントン元大統領やマリリン・モンローといった著名人のゲームや禁止令も取り上げています。

また、脚本形成の要因としての「基本的構え」や「ストローク」の説明も含まれておりますので、総合的な交流分析の学習にもご利用いただけます。

もくじ

第1章 筋書きどおりの人生?

  • ・なぜ、同じ失敗ばかり?
  • ・もとの木阿弥
  • ・ダイアナ元皇太子妃の人生脚本
  • ・子どもの頃に作られる

第2章 あなたは自他肯定派?それとも‥‥‥

  • ・対人関係の四つのタイプ:基本的構え
  • ・マゾ的なタイプ
  •   ―「自分はダメだが、人は良い」
  • ・独善的なタイプ
  •   ―「自分は良いが、人はダメ」
  • ・破滅的なタイプ
  •   ―「自分もダメ、人もダメ」

第3章 愚かなゲームをくり返す人たち

  • ・拒絶を誘う人
  •   ―「キック・ミー」
  • ・くり返される不快な交流
  •   ―ゲームとは
  • ・あなたの中の三つの私
  •   ―自我状態P.A.C
  • ・水掛け論ばかりする人
  •   ―「はい、でも」
  • ・いつも肝心なところで失敗する人
  •   ―「愚か者」
  • ・つねに悲劇の主人公になりたがる人
  •   ―「ひどいもんだ」
  • ・ 特別扱いされたがる人
  •   ―「不幸な私」(惨め好み)
  • ・ もっともらしい理屈をつける人
  •   ―「弱みの正当化」
  • ・謝りたおす人―「すみません」
  • ・自ら墓穴を掘る人
  •   ―「私を捕まえて!」
  • ・金の無心を断りきれない人
  •   ―「泥棒に追い銭」
  • ・人のあら探しばかりする人
  •   ―「ヒステリー糾弾」
  • ・好意の押し売りをする人
  •   ―「あなたのためなのに」
  • ・何でも人のせいにする人
  •   ―「責任転嫁」
  • ・いつも自分のことを棚上げする人
  •   ―「思い込み」
  • ・男女関係のトラブルメーカ
  •   ―「ラポ」
  • ・なぜゲームをやめられないのか
  •   ―幼児的なCの心が理性を狂わせる

第4章 「禁止令」につまずく人たち―あなたの人生脚本は?

  • ・子どもの頃に与えられる「禁止令」
  • ・ワーカー・ホリックの人
  •   ―「人生を楽しんではいけない」
  • ・けがや事故ばかりする人
  •   ―「存在してはいけない」
  • ・子離れできない親たち
  •   ―「成熟した女性(男性)になってはいけない」
  • ・なぜか結婚できない人たち
  •   ―「親から自立してはいけない」
  • ・かたくななプライドの持ち主
  •   ―「人のやり方に従ってはいけない」
  • ・破滅的な行動をする人
  •   ―「まともに考えてはいけない」
  • ・離婚、幼児虐待をくり返す人
  •   ―「人を愛してはいけない」
  • ・肝心なところで失敗する人
  •   ―「決して成功してはいけない」
  • ・病気ばかりする人
  •   ―「健康であってはいけない」
  • ・どうしてもホンネが言えない人
  •   ―「感情を言葉に出してはいけない」
  • ・皆と同じことを楽しめない人
  •   ―「皆の仲間入りをしてはいけない」

第5章 肯定的ストロークで対人関係を変える

  • ・愛とは相手のために時間を使うこと
  • ・ストロークのいろいろ
  • ・負のストロークの法則
  • ・「わかる」から「なる」へ
  • ・ストローク・プランを立てる

第6章 人生脚本に気づき、自分を変える

  • ・自分の人生について「再決断」する
  • ・「再決断」へのプロセス

あとがき

【振込用紙】支払 お申込み

【クレジット】支払 お申込み


受注は終了しました


受注は終了しました