医学・医療 領域 セミナー 講習会ならチーム医療

チーム医療とは? RSS
疾患ではなく、人をみる医療のために。株式会社チーム医療
web登録がお済みの方 パスワードをお忘れの方
    
新規登録はこちら

このセミナーは終了しました

第1839回チーム医療セミナー

いつでも、どこでも、リラックス! 自律訓練法

~気づきのワークを通じて~

セミナーのねらい

ストレスが心身を蝕む!対策できていますか?

日々のストレスにより、私達の心身には、食欲不振・不眠・頭重・便秘・下痢などの身体症状や、うつ病などの精神症状があらわれます。これらは自律神経系のバランスが崩れることが要因の1つとして考えられます。

リラックス・・・、でも忙しい・・・

自律神経系のバランスを保ち機能を高めるには、リラックス時に働く副交感神経系を優位にする必要があります。

しかし、ストレスを過多に受ける忙しい日々の中で、深いリラックス状態を保つための時間やお金や場所を確保することは難しいことです。

自律神経系のバランスを回復させるリラクセーション法

自律訓練法は、1932年にドイツの精神科医のシュルツ教授によって体系化されました。自律神経のバランスを回復させる治療技法として、心療内科や精神科などの医療現場でも使われています。

また、体に意識を向けて心へ働きかけることで、心身の緊張を解くリラクセーション法として有効です。

深くリラックスすることで、脳がアルファ波や覚醒シータ波で満たすことにもなります。

時間、お金、道具いらずのセルフコントロール法

数分で、お金もかからず、道具も不要で、1人で行える手軽さがあります。そのため慣れてくれば、自宅、仕事の合間、電車の移動中などの日常生活の多様な場面で用いることが出来ます。

習得できれば、いつでも、どこでも、体に意識を向け、心身ともにリラックスできる一生涯の財産になります。

疲労が回復! (身体的効果)


  • ・眠りが良くなる
  • ・血圧、脳波、皮膚温、呼吸数、胃腸などの機能が好転
  • ・体の免疫力を高め、病気を予防
リラックスのイメージ

ストレスを解消! (精神的効果)


  • ・イライラが解消し、落ち着く
  • ・不安の軽減し、穏やかになる

脳が活性化! (その他の効果)


  • ・脳が活性化し、集中力・判断力の向上
  • ・からだの変化に気づきやすくなる(受動的注意集中ができるようになる)

お疲れの方、ストレスでお困りの方に・・・


  • ◆疲れがたまっている方
  • ◆ストレスを強く感じる状況にいる方
  • ◆自律訓練法に興味がある方
  • ◆手軽なリラクセーション法を身につけたい方
  • ◆メンタルヘルス対策を検討している方
  • ◆仕事帰りに手軽にセミナーを受けたい方   にお勧めです。
セミナー概要
講 師
新井典生先生

新井 典生 (あらい のりお)


  • 産業カウンセラー
  • 日本自律訓練学会準会員
  • THP心理指導担当者
  • 衛生管理者
  • 大阪商工会議所メンタルヘルスマネジメント検定第Ⅰ種
  • 1948年生まれ
  • 青山学院大学法学部卒業
  • 大手電気メーカーにて総務業務を経験後、現在、某電機メーカーにて人材開発、メンタルヘルス関係業務に従事。
日 時 2010年9月10日(金)18:30~20:30
プログラム
  1. ◆気づきのワークを通じて◆
  2. 自律訓練法を練習するにあたり大切なことは「受動的注意集中」という態度です。
    そのため、今回は本に書いてある様な説明は省き、いくつかの気づきのワークを中心に行います。
  1. 1、受動的注意集中を体感する
  2. ・首回しのワーク
  3. ・自律訓練法の概要説明
  4. ・空間感覚練習
  5. ・体への気づきワーク(腕、脚、胸、腹、額)
  6. ・深呼吸のワーク
  1. 2、自律訓練法の標準練習
  2. ・姿勢をつくる
  3. ・消去動作
  4. ・深呼吸
  5. ・背景公式
  6. ・重感練習
  7. ・温感練習
  8. ・心臓調整練習
  9. ・呼吸調整練習
  10. ・内臓調整練習
  11. ・額涼感練習 (適宜グループでの話し合い)
  1. 3、セミナー終了後の個人練習について
  2. ・今後の練習方法(練習の進め方、練習記録等)
  3. ・新井先生の体験(自己受容)
  4. ・ステージモデル
  1. 「受動的注意集中とは・・・」
  2. 受動的注意集中とは、能動的でなく受身的に、「さりげなく、ぼんやりと対象に注意を向ける」ことです。
    自然に湧いてくる雑念や外界からの雑音を、そのまま味わい、ながめ、受け入れていくような状態になります。
  1. 「からだの変化に気づきやすくなる・・・」
  2. これらの感覚をつかむまでには、ある程度の練習が必要で、人によっては1~2ヶ月かかることもあります。
    毎日1~3回の練習を根気よく続けることが大切です。
    この感覚を習得することで、ありのままの自分を受け入れることができ、からだの変化に気づきやすくなります。
会 場

日本工業大学神田キャンパス 3F多目的ホール  〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 TEL:03-3511-7591

お申込みについて
参加費

【予約前納制】

チーム医療ホームページからのお申込み限定 3,000円(資料代・消費税込)

定員 24名
参加条件 Webからのお申込のみの受付になります。
申込方法
  • ★ページ下部の 注文する ボタンをクリックしてお申込みください。
  • ★座席は自由席です。
  • 受付順にお席を確保し、受講証とコンビニ・郵便振替用紙をお送りいたします。
  • ★定員に達したため、ただいま「キャンセル待ち」を承っております。
  • お申し込みの際は、最終連絡日をご入力ください。
キャンセル
締め切り
欠席される場合は、必ずご連絡をお願いします。
ご入金後にキャンセルされる場合、2010年8月31日(火)までにご連絡をいただいた方には、返金手数料1,050円(消費税込)を差し引き残金をご返金します。この期日を過ぎた場合は、ご参加費のご返金は致しかねますので、代理の方のご出席をお願いいたします。
支払方法 当日会場では入金業務を行いませんので、お送りするご請求書に記載された期日までに下記の方法にてご入金下さい。
  1. 【コンビニ・郵便振替】
  2. お申込みいただいた後、受講証と共に手数料のかからない払込用紙をお送りします。
  3. 【銀行振込】
  • 三菱東京UFJ銀行/大塚支店(店番171)/普通預金
  •   【口座番号】 0707960 【口座名】 株式会社チーム医療
  • 楽天銀行(旧:イーバンク銀行)/ダンス支店(店番208)
  •   【口座番号】 7025538 【口座名】 株式会社チーム医療
  • ジャパンネット銀行/本店営業部(店番001)/普通預金
  •   【口座番号】 7099484 【口座名】 株式会社チーム医療
  •  ※銀行振込手数料は各自ご負担下さい。
お願い セミナー会場での録音やデジタルカメラ・ビデオカメラなどでの撮影はお断りします。
問合せ先
  • 株式会社チーム医療
  • (電話受付は月~金曜の9:30~17:30に行なっています ※祝日は除く)
  • 〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
  • TEL. 03-3945-0771  FAX. 03-3945-0355

2名以上でお申込いただく場合、代表の方は「ご要望欄」に同時申込者の氏名をお知らせください。


  • ★定員に達したため、ただいま「キャンセル待ち」を承っております。
  • お申し込みの際は、最終連絡日をご入力ください。

受注は終了しました