医学・医療 領域 セミナー 講習会ならチーム医療

チーム医療とは? RSS
疾患ではなく、人をみる医療のために。株式会社チーム医療
web登録がお済みの方 パスワードをお忘れの方
    
新規登録はこちら

本商品は販売終了いたしました。
【改訂版】PEG(胃瘻)栄養 ~適切な栄養管理を行うために~

【改訂版】

PEG(胃瘻)栄養 適切な栄養管理を行うために

監修

曽和 融生

(大阪市立大学名誉教授/社団法人大阪掖済会病院特別顧問)

編集

関西PEG・栄養研究会

編集委員

井上善文(川崎病院外科総括部長)

   

西口幸雄(大阪市立総合医療センター消化器センター部長)

   

永井祐吾(泉大津市立病院院長)

判型 B5判
頁数 192頁
定価 3,500円(本体)+税
発行元 フジメディカル出版
ISBN 978-4-86270-024-7

受注は終了しました

好評の初版から5年、ダイレクト法や半固形化剤・増粘剤,がん患者への応用など新たな項目を追加してアップデート、内容がさらに充実しました。

特に在宅ケア・施設ケアを担う医師とコメディカルスタッフのために、PEGによる長期経腸栄養管理に役立つ実際的な内容が、簡潔にわかりやすく解説されています。

巻末には、代表的な栄養剤、代表的なPEG製品も掲載。

<発刊に際してより抜粋>

今回の改訂では前版に記述された項目の単なるリニューアルだけではなく、PEG手技における新しいダイレクト法の安全性、PEGチューブ交換時の偶発症対策のほか、しばしば遭遇する嚥下障害者に対する半固形化栄養剤、ならびに嚥下補助食、増粘剤の用い方、さらには緩和医療へのPEGの役割など「PEG医療」への進化の方向を示唆するものであると思っている。(中略)

本書が将来の「PEG医療」につながる手引書となって、少しでも日常臨床の場で、また在宅医療の向上に役立つことを期待したい。

(曽和融生)

もくじ

1.栄養管理におけるPEGの位置付け

  • 栄養管理における経腸栄養の意義
  • 経腸栄養法におけるPEGの位置付け

2.PEGに関する基礎知識

  • PEGの適応、禁忌
  • PEGの手技
    1. ①PEGの基本手技
    2. ②ダイレクト法
    3. ③応用(PTEG、PEJなど)
    4. ④カテーテル交換
    5. ⑤小児のPEG
  • 胃瘻の構造

3.PEGからの経腸栄養の実際と注意点

  • 栄養剤の種類と選択
  • チューブの選択と投与方法
  • 注入開始時の注意点
  • 注入中および終了時の注意点
  • 併用薬剤の種類と注入時の注意点
  • 経腸栄養剤固形化の実際
  • 半固形化剤

4.PEGの長期管理におけるピットフォールと解決法

  • 瘻孔周囲炎
  • 下痢と便秘
  • チューブの閉塞
  • 栄養剤の漏れ
  • 胃食道逆流
  • チューブ周囲のスキンケアとドレッシング
  • 交換時の偶発症と対策

5.嚥下障害に対する取り組み

  • 嚥下障害の診断
  • 嚥下訓練の実際
  • 嚥下補助食・増粘剤
  • 間欠的経管栄養法

6.褥瘡における栄養管理

7.がん患者へのPEGの応用(緩和ケアも含めて)

8.在宅ケアのポイント

  • 在宅ケアのポイント
  • 病診連携

8.関西地区におけるPEGの現況

おわりに

資料

  • 研究会の歩み
  • 代表的な栄養剤
  • 代表的なPEG製品

受注は終了しました