医学・医療 領域 セミナー 講習会ならチーム医療

チーム医療とは? RSS
疾患ではなく、人をみる医療のために。株式会社チーム医療
web登録がお済みの方 パスワードをお忘れの方
    
新規登録はこちら

ストレス対処実践法

絶版ストレス対処実践法-認知療法によるアプローチ-

著者

小林展子(ポンティキュラス心理研究所代表)

判型 A5判
頁数 92頁
定価 1,200円(本体)+税
発行 2001年3月15日
ISBN 978-4-88509-060-8

受注は終了しました

お買い求めいただいた方からのコメントです
参加者05 「本当にカウンセリングに役立ちます」

この本は本当にカウンセリングに役立ちます。

生徒さん達は色んな悩みを相談してくれますが、殆どが「認知の歪み」から起こっています。

受験前のストレス、親子関係のストレス……どれをみても、全て自分の自動思考から起こるものです。

この本はそれらを分かり易く、実践しやすく書かれてあります。

とても役立ちます。

廣田克也 様 男性・50代

現代のようにストレス要因の多い時代には、誰にとってもストレスに上手に対処することは不可欠だと思います。落ち込み、イライラ、怒り、不安などの否定的感情をなるべく減らし、明るくイキイキと生きていくスキルを身につけることがとても大切です。

この本ではストレス対処の方法を認知療法という具体的で分かりやすいアプローチを使って説明しています。日常生活にすぐ役立つかたちで紹介していますので、本を読むだけではなく、是非実践して見て下さい。自分がどのように小さなストレスを大きなストレスにしてしまうのかそのメカニズムがわかれば、ストレス予防にも大いに役立てることができるでしょう。

もくじ

第1章 ストレスとは

  • 1 ストレスの説明
  • 2 ストレス度チェック
  • 3 ストレスの症状を理解する
  • 4 ストレスの原因を探る

第2章 認知療法とは

  1. 1 認知療法とは
  2. 2 認知療法の原則

第3章 自分の感じ方・考え方・行動パターンへの気づき

  1. 1 自己観察のエクササイズ
  2. 2 感じ方のクセ=エクササイズ
  3. 3 考えと感情

第4章 ストレスを生じる認知

  1. 1 認知の歪みの説明
  2.    全か無か思考
  3.    過度の一般化
  4.    心のフィルター
  5.    マイナス化思考
  6.    結論の飛躍
  7.    拡大解釈と過小評価
  8.    感情的決めつけ
  9.    べき思考
  10.    レッテル貼り
  11.    個人化・他人を責める
  12.  2 ストレス状況のなかでの自分の認知の傾向に気づく

第5章 成長を妨げている自分の枠組み

  1. 1 自分の価値観に気づく

第6章 ストレスを生じやすい認知の歪みを修正する

  1. 1 客観的見方を学ぶ
  2.    a 完璧主義思考
  3.    b 過度の一般化
  4.    c 心のフィルター
  5.    d マイナス化思考
  6.    e 心の読み過ぎ
  7.    f 先読みの誤り
  8.    g 拡大解釈
  9.    h 感情的決めつけ
  10.    i べき思考
  11.    j レッテル貼り
  12.    k 個人化・非難

受注は終了しました